2020年1月28日発表。

株式会社プレイシップ(本社:東京都港区、代表取締役社長:花岡愛子)は、現在同社が企画・開発を進めている「HEMPS -good math experience powered by AI」(本事業)を2020年春に販売・サービス開始することを発表致しました。

【本事業概要】

本事業は「知育」x「遊び」x「テクノロジー」で親子の絆を深めるサービスで以下のコアコンテンツを含みます。

知育:Early Math(未就学児)スキルの向上支援を目的とし、Number Sense, Representation, Spatial Sense, Patterns, Measurement, Estimation, Problem Solvingの7つのスキル体系と、発達ステージ、発達ステージごとの親子遊びをコンテンツ化しております。

遊び:積み木をプレイシップが独自デザインしました。24個の三角形積み木を長短の補助棒を使用しながら積み上げます。積み木は玩具としては珍しい和柄の麻の葉模様を採用しており、親子の普遍的な時間を、伝統的な日本の和柄で表現しています。なお、麻(HEMP)は本商品・サービスの名前の由来となっております。素材はヒノキを三角形、補助棒ともに使用しております。

テクノロジー:本サービスでは、画像分析処理技術、AI技術を採用しており、無償のiOS, Andoroid向けアプリケーションを提供します。HEMPSサービスでは、「マスえもん」キャラクターが親子の遊びを支援するモデルを定義しており、AIによって家庭での親子の過ごし方をより良いものに変えていくチャレンジを本事業では取り組んでおります。

【株式会社プレイシップについて】URL:https://www.playship-tokyo.com

「知育」x「遊び」x「テクノロジー」で親子の絆を深めるサービスを展開するスタートアップです。「Parent`s engagement」をミッションステートメントに掲げている。テクノロジーにより、親子の関わりを作っていくきっかけを提供し、大変な子育てを、親にとってもっと楽しいものにし、子供にとっても自分の親に育てられた幸せを感じられる世の中にしていくサービスを展開しています。